アイルランドと旅と絵と。

2015年秋からアイルランド在住の絵描きデザイナー。日常と旅と絵について。

アイルランド就労ビザ準備メモ

f:id:kumikom:20180124070330j:plain

画像は帰りに飛行機から見た富士山!立派!いや、内容とは全然関係ないんですが....

どうもこんにちは〜。ヘルシンキレポの途中なのですが、最近就労ビザの取得を若干だけお手伝いというか体験談をお話しする機会があったので、思い出しついでにちょっと書いてみることにしました!その道のプロではないので自分の体験や友人達に聞いたぼんやりしたメモ話です。ご了承ください〜。 
その時々移民局や国のルール/方針や弁護士さんの有無や会社や運(!)によって色々変わってくるので、基本的には公式の情報をご確認ください。


1. 日本からの持ち物

- 英文の最終学歴の成績証明
- 英文の最終学歴の卒業証明
- CV
ワーホリ後にアイルランドなり他国なりで、長期にビザを申請しての滞在を検討している場合、日本から出る時にとりあえず持っておいて良いかもと思ったもの3つです。私の場合は卒業証明は持って来てたんですが成績証明は忘れてました....おおう(> <)

2. 取得までの期間

ぶっちゃけますと結構不明
まちまち。
人によって差があります....が、準備、応募、審査待ちとあるので2ヶ月位は大概かかってくる様な気がします。(4ヶ月とかも聞いたことも有。)ただ、すごく外国人を採用しなれていたり、弁護士さんいたり、日本語や専門性の高い技術がいる職種はもっと早いこともあるかもしれないし....会社とご相談を〜。 

3.ワーホリからの切り替え

すでにワーホリビザで就業しているけど、就労ビザがワーホリビザの終わりに間に合わないことって結構多いんではないかと思うのです。こんなこと書いてる私自身も間に合いませんでした!!

一度GNIBに延長を求めて行ったのですが....

-具体的に何日でビザがくるのかが分からない。何日延長したらいいか分からない。
-初回の就労ビザ申請である。
-ワーホリビザがアイルランドだけでなく日本との協定なので、アイルランド側だけで勝手に延長できない。

....と延長のお願い却下でした。

ドイツとかビザ待ちビザがある国もあると聞いたことがあるんですが、全く国外に出ないでスルッとワーホリから就労ビザに切り替える場合、結構早くから就職活動で動いていないといけないと思います。(ただ、担当官によって変わるとかのアイルランドあるあるが起きるかもしれないんで、移動で費用もかかるし一応問い合わせしてみた方が良いと思います。)

以上、ビザメモブログでした!
それでは次回はヘルシンキネタで(^^)