アイルランドと旅と絵と。

2015年秋からアイルランド在住の絵描きデザイナー。日常と旅と絵について。

ダブリン衣類買い出し記

f:id:kumikom:20180205043815j:plain
こんにちはー!先日ダブリンのどこで服買ってるか、どこで買ったら良いかという話がちょこちょこ出たので、ちょっと書いてみたいと思います!ちなみに私自身はファッションに詳しい人ではないです。(実は日本で一時ファッションイラストの案件もやってんたんですが....爆) 勤務中もゲームのディベロッパーチーム(80%男性)なので大学生かパジャマかみたいな格好で出社しようと思えばできます笑。制作会社あるある.... 後、圧倒的若者向けの店やデザイン、古着とか本当におしゃれな人がいくところはいよいよ疎いので自己開拓でお願いします(苦笑)!!
それではいってみましょーー!

ダブリンの洋服探しについて

-流行
まず日本とアイルランドは結構流行が違う気がします。帰国時にとても感じました。日本の方がすごくゆったりしたシルエットですが、アイルランドは今も割とスキニーです。日本ほど他の人の服をそんなに気にしてないです。後は女性のメイクは強いです。空港のトイレとか行くと舞台メイク級に大量のブラシで仕上げるティーンを眺めることができます笑。かと思うとスッピンの人も多いです。

-選択肢

もちろん大体のものは買えますが、コンセプトのバリエーションは少ないかもしれないです。ですがまあ普通な私はそんなに自己表現をする格好はしてないので困ってないです。ちゃんとオシャレなセレクトショップみたいなのも何軒かあった気がする!さらっと通っただけだけど!苦笑
"バリエーションの無さ"で最も困るのが、価格のバリエーションです。安い悪質と高い良質の極端に寄りやすい感じがします。ファストファッションとデパートにある様なブランドの間の価格で質の良いものが見つけられません。探しきれてない可能性も大ですが...。

-買い出し旅
たまに買い出し旅行の話も聞きます。日本帰国時や他国。航空券が安いので困ったら買い出し旅行も楽しそうです。ロンドンとか往復30ユーロで行ける時あると思います。そういえば以前ロンドンから遊びに来たワーホリ中の友人が「こんなおしゃれな人の少ない欧州首都は初めて見た。けど好き。」という名言を残して行きました笑(自然が多くて欧州旅でも1-2を争う位で好きと言ってくれた割とポジティブな意見です笑)。 ダブリンはのんびりしていて尖ってない取っつきやすい感じ。

-ファッション=機能性
言わずもがな山の上の様な天気なので、機能がとても重要です。特にジャケットや靴。日本から買って帰った割といいフラット靴が3ヶ月ほどでぐしゃぐしゃで見る影もなくなりました。良い勉強泣。雨のせいか、靴の消耗スピードが確実に日本より早いです。とはいえ機能を重視しすぎると街中だけど登山ウェアみたいになります....。
あと、はき心地が楽だとは思うんですが、男性が驚異的なジャージ率です。マジ謎...誰かそういうカリスマでもいるのかな....。

以上ぼんやり思ったことです。


では次に具体的な探し方(って言っても個人的方法なんですが...)をば。

-良いものを安く。
高いものをセールの時にだけ買うっていう普通の戦法です。ArnottsとかBrownThomasに行きます。行ったことはないんですが、アウトレットのKildare Villageも良いと聞きました。最近のセールはTed Bakerで色々物色(^^)

-ベーシックで着まくる物(洗濯回数が多い物)の質。
着まくるもの=Tシャツやニット等です。保管や洗い方によっても状態は変わってくると思いますが、容赦なく洗うためファストファッションなど色々試した結果、10ユーロ以内!で買えるTシャツで割と質が良いのはMarks&Spencerな気がしています。おそらく対象の年齢層が低くないので、形はあんまり体に沿っていないストレートなものが多いのかなという印象があるんですが、生地が厚めで縫製がしっかりしています。洗濯の持ちも良い気がします。襟の広いものを選んで買いました。(形がストレートっぽくても女性らしい感じがでるかなと。) ニットはDunnes storeで10〜15ユーロくらいで買いましたが目立った毛玉も出ず2−3ヶ月立つ今は順調です。頭文字PやHところは洗濯で割と早く襟が死んでました....実はZのところはTシャツを買ったことがないです。


-機能性を無視できない物、靴。
普通の合皮靴だと結構スプレーしてても縫製の間から水が入ってきている様な.....泣。おすすめなのは極端に安い靴にいかず、試着もちゃんとして、ゴアテックスなどの防水機能付きとなってる物を選ぶことです。個人的にはeccoのショートブーツが軽くてゴアテックスで使いやすいです。

-購入時の注意点
できるだけ試着をして縫製と型と生地確認、店舗保管中に着いたであろう化粧等の汚れや破れ(お客さんの服の扱いが雑)など、色々見てから購入するのがおすすめです。聞くと店員さんが綺麗な在庫をストックから出してくれます。


渡航準備中の方へは。
割とお店はあるのでワーホリや留学でたくさん持ってこなくても困ることや旅行中突然必要になった時の買い出しで困ることはほとんどないと思います。

-ブラ(立体感や形が違うので買ったことない。良いのかもしれないけれど不明です。)
-ヒートテック等の防寒下着
-ロングのパンツ(身長が低いため直しがいると思って買ったことない。)
-防水のジャケットや靴
-折りたたみ傘(日本製は作りが強いです。一つ持っていて損はないです。ジャケットのフードで何とかなる雨もありますが、ならない雨もあります。顔ぐっしゃになるよ!)

上記とベーシックな服が少しあれば長期滞在は全く問題ないと思います。荷物軽めでいけますよー。

それでは以上です。またー!